金剛薩た(た:土へん+垂)像
番号 52 指定別 種目 絵画 種別 美術工芸品
名称 金剛薩た(た:土へん+垂)像 【写真】
ふりがな こんごうさったぞう
員数 1幅
時代  
年代  
西暦  
作者  
構造・形式
寸法・重量
面積
絹本着色 縦 83cm 横 40cm 【位置図】
指定番号 北重第40号
指定年月日 昭和35年8月31日
所在地 岐阜県本巣郡北方町北方1345
所有者 円鏡寺
所有者住所 岐阜県本巣郡北方町北方1345
管理者 円鏡寺
特筆事項  
解説 修理等の履歴
大日如来の説いた教えを結集して鉄塔に納めておき、後に真言八祖の一人竜樹に授けたという菩薩。右手に五鈷を持ち胸に当て、左手に金剛鈴を持って腰に置く姿をしている。右手の五鈷は五仏の三味を現わし、左手の金剛鈴は煩悩に迷う衆生の長夜の夢をさまさせる標示である。 年月日 内容
   
   
   
   
   
   
   
   
   
説明板
有無・設置者 なし
 
材質等  
老朽度等  
【写真1】
【写真2】