十二天像
番号 46,47 指定別 種目 絵画 種別 美術工芸品
名称 十二天像 【写真】
ふりがな じゅうにてんぞう
員数 12幅2組
時代 室町前期、江戸前期
年代  
西暦  
作者  
構造・形式
寸法・重量
面積
縦 94cm 横 37cm 【位置図】
指定番号 北重第33号、34号
指定年月日 昭和35年8月31日
所在地 岐阜県本巣郡北方町北方1345
所有者 円鏡寺
所有者住所 岐阜県本巣郡北方町北方1345
管理者 円鏡寺
特筆事項  
解説 修理等の履歴
護世の天部十二尊の12幅です。 東方守護の帝釈天、東南火天、南方焔魔天、西南羅刹(らせつ)天、西方水天、西北風天、北方多聞天、東北伊舎那(いしゃな)天、上方梵天、下方地天、それに加えて日天と月天の十二天で、密教における代表的な護法美神である。 円鏡寺の十二天は、2組あり、一つは室町前期、一つは江戸時代前期の作である。 年月日 内容
   
   
   
   
   
   
   
   
   
説明板
有無・設置者 なし
 
材質等  
老朽度等  
【写真1】
【写真2】
【写真3】
【写真4】
【写真5】
【写真6】
【写真7】
【写真8】
【写真9】
【写真10】
【写真11】
【写真12】
【写真13】
【写真14】
【写真15】
【写真16】
【写真17】
【写真18】
【写真19】
【写真20】
【写真21】
【写真22】
【写真23】
【写真24】