十三仏像
番号 42 指定別 種目 絵画 種別 美術工芸品
名称 十三仏像 【写真】
ふりがな じゅうさんぶつぞう
員数 1幅
時代 鎌倉
年代  
西暦  
作者  
構造・形式
寸法・重量
面積
絹本着色 縦 130cm 横 51cm 【位置図】
指定番号 北重第27号
指定年月日 昭和35年8月31日
所在地 岐阜県本巣郡北方町北方1345
所有者 円鏡寺
所有者住所 岐阜県本巣郡北方町北方1345
管理者 円鏡寺
特筆事項  
解説 修理等の履歴
鎌倉時代の絹本着色。初七日から三十三回忌まで十三回の供養仏事に割り当てた十三の諸仏。 初七日は不動明王、二十七日は釈迦如来、三十七日は文殊菩薩、四十七日は普賢菩薩、五十七日は地蔵菩薩、六十七日は弥勒菩薩、七十七日は薬師如来、百ケ日は観世音主岬雁、一周忌は勢至菩薩、三周忌は阿弥陀如来、七周忌は阿閥如来、十三周忌は大日如来、三十三周忌は虚空蔵菩薩。 年月日 内容
   
   
   
   
   
   
   
   
   
説明板
有無・設置者 なし
 
材質等  
老朽度等  
【写真1】
【写真2】
【写真3】