絹本着色渡唐天神像
番号 7 指定別 種目 絵画 種別 重要文化財
名称 絹本着色渡唐天神像 【写真】
ふりがな けんぽんちゃくしょくととうてんじんぞう
員数 1幅
時代 室町
年代 寛正2年
西暦 1461年
作者  
構造・形式
寸法・重量
面積
絹本着色縦 86cm   横 36cm  像の高さ 40cm 【位置図】
指定番号 岐重第76号
指定年月日 昭和34年3月10日
所在地 岐阜県本巣郡北方町北方1345
所有者 円鏡寺
所有者住所 岐阜県本巣郡北方町北方1345
管理者 円鏡寺
特筆事項 土佐派風の繊細な描写
解説 修理等の履歴
渡唐天神像は、渡宋[とそう]天神像とも呼ばれ、中国の服装で描かれた天神、即ち菅原道真の画像である。 この天神像の由来は、一説に京都東福寺開山聖一[しょういち]国師弁円[べんねん]が、嘉禎元年(1235)宋に渡り、径山[きんざん]の仏鑑無準禅師の門に入り、7年を経て仁治2年(1241)帰国し、九州太宰府の崇福寺にいたとき、歿後およそ百年を経た道真の霊が同寺の方丈に現れ、国師にまみえて禅法を問い、そのすすめによって即夜径山におもむき、仏鑑に参禅し、一枝の梅を呈して禅の密旨を授かったという伝説にもとづいて描かれたものといわれている。 円鏡寺の所蔵の渡唐天神像は粗い絵絹に、着色をもって描かれ、道服は白色で金泥の梅鉢紋が散らされ、道服の襟から裾へ及び裾周りにかけては、紺地に唐草が精密に描かれている。嚢は緑色金襴に紅色金襴のふちどりにしてある。像の高さは40cmとなっている。描線は比較的弱く、やや神経質な作品である。落款はなく、筆者は不明である。 この1幅は製作時代の明らかな室町時代人物画の1標本であり、讃の文章は室町文学史上の一資料であり、またその文字はこの時代の書道の筆意を知る一手本である。 年月日 内容
   
   
   
   
   
   
   
   
   
説明板
有無・設置者 なし
 
材質等  
老朽度等  
【写真1】
【写真2】
【写真3】
【写真4】