円鏡寺楼門
番号 1 指定別 種目 建造物 種別 重要文化財
名称 円鏡寺楼門 【写真】
ふりがな えんきょうじろうもん
員数 1棟
時代 鎌倉後期
年代 永仁4年
西暦 1296年
作者  
構造・形式
寸法・重量
面積
三間一戸、入母屋造、檜皮葺 【位置図】
指定番号 000531
指定年月日 明治42年4月5日
所在地 岐阜県本巣郡北方町北方1345
所有者 円鏡寺
所有者住所 岐阜県本巣郡北方町北方1345
管理者 円鏡寺
特筆事項 石柱 H=2.05m 31cm角
解説 修理等の履歴
92代伏見天皇の永仁4年(1296)に永尊が建立した三間一戸の楼門で、この種の楼門としては全国で二番目に古く、鎌倉中期の建造物である。屋根は入母屋造、檜皮葺。破風には猪目懸魚(いのめけぎょ)を飾り、組物は三手先で深い軒を支え、上部には勾欄付の切目縁を廻らす純和様の雄建な建築。勾配のゆるやかな屋根と腰の均衡が優美で、明治神宮南楼門造営のモデルとなった 年月日 内容
大正3年 解体修理
昭和25年 屋根修理
昭和50年 屋根修理
平成10年 屋根修理
   
   
   
   
   
説明板
有無・設置者 有(大1、小1)
町(大)町・協(小)
材質等 木製(大)ステンレス(小)
老朽度等 どちらも良好
【写真1】正面
【写真2】背面
【写真3】北側側面
【写真4】南側側面
【写真5】破風の猪目懸魚
【写真6】説明板(大)
【写真7】説明板(小)
【写真8】石柱
【写真9】正面アップ
【写真10】背面アップ
【写真11】箕甲葺きと箱棟銅板包み
【写真12】平葺き 詳細