6月10日に『時の太鼓顕彰』を開催しました
 北方町清水(しみず)の西順寺(さいじゅんじ)にて太鼓櫓(ろう)が一般公開され、町内の園児、児童をはじめ、多くの方が見学に訪れました。
 当日は、朝4時37分から北方町文化財保護協会のみなさんが明六つの打ち鳴らしを行い、昼間には裃(かみしも)姿での勇壮な打ち鳴らしや、見学者の打ち鳴らし体験も行われました。
 また、北方民謡保存会と見学の子どもたちが古謡北方踊りなどを披露し、訪れた方々を楽しませてくださいました。
 今年は350名超の方々が見学、およそ55名の方が打ち鳴らしを体験されました。
 北方町の歴史を感じる「時の太鼓顕彰」。来年度もみなさんのご参加をお待ちしております。

文化財保護協会が裃姿で打ち鳴らし


民謡保存会の指導で見学の方も一緒に踊りました


熱心に説明を聞く子どもたち