神輿
番号 77 指定別 種目 民俗資料 種別 有形民族文化財
名称 神輿(加茂町) 【写真】
ふりがな みこし(かもちょう)
員数 1基
時代 明治
年代 明治27年
西暦 1894年
作者 北川覚兵衛(池ノ上)
構造・形式
寸法・重量
面積
柱間73cm 高さ77cm
柱は、径7cmの丸柱
屋根は一文字型120cm
【位置図】
指定番号 北重第77号
指定年月日 平成23年10月5日
所在地 岐阜県本巣市仏生寺 加茂町地蔵堂東
所有者 加茂町自治会
所有者住所 岐阜県本巣郡北方町加茂
管理者 加茂町自治会長
特筆事項 屋根の上に金色の鳳凰
桐紋章
北方の三大神輿
解説 修理等の履歴
 明治27年(1894)4月、日清戦争戦勝祝賀記念に、厚見郡(岐阜市)池上北川覚兵が中心となり北川春次郎・竹次郎が手伝って造った。
 大正元年(1912)10月加茂町仏壇屋高橋惣大によって漆塗りをする。
 石町、柱本と共に、北方の三大神輿の一つである。
年月日 内容
大正元年 高橋 惣大によって漆塗り
昭和54年 再度漆塗り
   
   
   
   
   
   
   
説明板
有無・設置者 なし
 
材質等  
老朽度等  
【写真1】斜め右から
【写真2】鳳凰
【写真3】正面
【写真4】祭り時の神輿