半鐘
番号 65 指定別 種目 工芸 種別 美術工芸品
名称 半鐘 【写真】
ふりがな はんしょう
員数 1口
時代 江戸
年代 元禄9年
西暦 1696年
作者 柱本屋代金右衛門
構造・形式
寸法・重量
面積
高さ 52cm 口径 36cm 【位置図】
指定番号 北重第49号
指定年月日 昭和46年9月22日
所在地 岐阜県本巣郡北方町高屋1144-1
所有者 誓増院
所有者住所 岐阜県本巣郡北方町高屋1144-1
管理者 誓増院
特筆事項 銘文 「元禄九丙子年八月七日、施主柱本屋代金右衛門」とある。元禄九丙子年は、1696年である。
解説 修理等の履歴
町内現存半鐘の最古のもの。 昭和19年頃徴収対象となったが、当時の村人達はこれを出すのを惜しみ、村の消防団所有の火の見櫓の半鐘は非常用でその対象外だったのでこの半鐘を代替として供出し、代りに寺の半鐘を火の見櫓に吊るして供出を免れた。 年月日 内容
   
   
   
   
   
   
   
   
   
説明板
有無・設置者 なし
 
材質等  
老朽度等  
【写真1】
【写真2】
【写真3】
【写真4】