大井神社由緒記
番号 58 指定別 種目 古文書 種別 美術工芸品
名称 大井神社由緒記 【写真】
ふりがな おおいじんじゃゆいしょき
員数 1幅
時代 明治
年代 明治4年
西暦 1871年
作者 星野 泰俊
構造・形式
寸法・重量
面積
縦 35cm 横 47cm 【位置図】
指定番号 北教第76号
指定年月日 平成13年6月18日
所在地 岐阜県本巣郡北方町北方216
所有者 大井神社
所有者住所 岐阜県本巣郡北方町北方216
管理者 大井神社
特筆事項  
解説 修理等の履歴
御典医であった星野真省の息子である星野泰俊が大井神社の成り立ちについてまとめた古文書で、明治4年(1871)に神社へ納められた。縦35cm、横47cmの軸に書かれている。この中で、大井神社の鎮座は明らかではないが、永延2年(988)に円鏡寺の諸堂の完備に伴って、寺の鬼門に「牛頭天王」を祭ったのが始まりとされ、それ以前から祠があったと著されている。 年月日 内容
   
   
   
   
   
   
   
   
   
説明板
有無・設置者 なし
 
材質等  
老朽度等  
【写真1】
【写真2】
【写真3】
【写真4】