八祖像
番号 54 指定別 種目 絵画 種別 美術工芸品
名称 八祖像 【写真】
ふりがな はっそぞう
員数 8幅
時代 江戸
年代 天保5年
西暦 1834年
作者  
構造・形式
寸法・重量
面積
紙本着色(書き表具のもの) 縦 78cm 横 43cm 【位置図】
指定番号 北重第43号
指定年月日 昭和35年8月31日
所在地 岐阜県本巣郡北方町北方1345
所有者 円鏡寺
所有者住所 岐阜県本巣郡北方町北方1345
管理者 円鏡寺
特筆事項 天保5年(1834)に修復する。
解説 修理等の履歴
円鏡寺には二組あり、一つは県指定(絹本着色)のものと一つは町指定(紙本着色)がある。 円鏡寺に秘蔵されている本八祖像の画幅は平安時代後期の仏画で当時の画工が精魂こめて画きあげた豪華絢爛なものであるが、江戸時代の天保5年(1834)に修復されたと思われ、軸にはその年号が記載されている。 各幅ともタテ78cm横43cmの紙本着色のものである。 年月日 内容
   
   
   
   
   
   
   
   
   
説明板
有無・設置者 なし
 
材質等  
老朽度等  
【写真1】
【写真2】
【写真3】
【写真4】