四天王像
番号 44 指定別 種目 絵画 種別 美術工芸品
名称 四天王像 【写真】
ふりがな してんのうぞう
員数 4幅
時代 室町
年代  
西暦  
作者  
構造・形式
寸法・重量
面積
荒い絹地 縦 132cm 横  51cm 【位置図】
指定番号 北重第29号
指定年月日 昭和35年8月31日
所在地 岐阜県本巣郡北方町北方1345
所有者 円鏡寺
所有者住所 岐阜県本巣郡北方町北方1345
管理者 円鏡寺
特筆事項  
解説 修理等の履歴
帝釈天に仕え下部に八部衆を支配して仏法帰依の衆生を守るという四方の守護神。東方守護は持国天、南方守護は増長天、西方は広目天、北方は昆沙門天。 多くは軍陣で四方の守護を祈るが、増益、延寿、除病も行うことがある。室町時代の作で鮮明な色彩が力強い。 年月日 内容
   
   
   
   
   
   
   
   
   
説明板
有無・設置者 なし
 
材質等  
老朽度等  
【写真1】広目天
【写真2】毘沙門天
【写真3】増長天
【写真4】持国天
【写真5】広目天
【写真6】毘沙門天
【写真7】増長天
【写真8】持国天