東寺(塔寺)の古墳
番号 26 指定別 種目 史跡 種別 史跡
名称 塔寺(東寺)の古墳 【写真】
ふりがな とうじのこふん
員数 1箇所
時代 古墳
年代  
西暦 4~5世紀
作者  
構造・形式
寸法・重量
面積
東西南北共に12m 【位置図】
指定番号 北史第9号
指定年月日 昭和37年11月20日
所在地 岐阜県本巣郡北方町北方434
所有者 北方町
所有者住所 岐阜県本巣郡北方町北方1323-5
管理者 北方町
特筆事項 塔寺と東寺の2種の呼び名がある。 高さ2mの上円下方墳
解説 修理等の履歴
12m四方の高さ2mの上円下方墳で4,5世紀頃築造と推定。墳頂に宝筐印(ほうきょういん)塔があり、俗に一本松とか大日様とか云われ、また北方合戦の時に戦死者を葬った所とも云われている。 昭和56年に町教委が発掘調査したが「素焼きの壺や小皿の一部、その破片多数、一列に五箇並んだ黒石、何か腐敗したような厚さ10cm位の土層、寛永通宝五枚」等の外、顕著な出土品は発見できなかった。 年月日 内容
昭和56年7月 発掘調査
平成15年 自動車事故により塔及び石碑破壊
平成23年11月 塔及び石碑修復工事
   
   
   
   
   
   
説明板
有無・設置者 なし
材質等  
老朽度等  
【写真1】破壊された石塔等
【写真2】破壊された石塔等
【写真3】修復された石碑等
【写真4】修復された石塔等
【写真5】修復された石碑等
【写真6】修復された石碑等
【写真7】発掘写真―1
【写真8】発掘写真―2
【写真9】発掘時お払い
【写真10】出土品(山茶碗)
【写真11】出土品(土師質鍋)
【写真12】出土品(砥石)