五鈷
番号 12 指定別 種目 工芸 種別 重要文化財
名称 五鈷 【写真】
ふりがな ごこ
員数 1柄
時代 鎌倉
年代  
西暦  
作者  
構造・形式
寸法・重量
面積
長さ    22cm 重さ    660g 杵の長さ 7.5cm 【位置図】
指定番号 岐重第79号
指定年月日 昭和34年3月10日
所在地 岐阜県本巣郡北方町北方1345
所有者 円鏡寺
所有者住所 岐阜県本巣郡北方町北方1345
管理者 円鏡寺
特筆事項  
解説 修理等の履歴
五鈷は、密教において修法の際に用いる重要な法具の一種で、印度の武器の形を採り、如来の鋭い知恵をもって、煩悩、すなわち心中のいろいろの欲望を破砕するためのものである。 円鏡寺伝来の五鈷は、長さ22.0cm、重さ660.0gである。杵の中央を菩薩か明王らしい面が六個取り巻いている。 この五鈷で珍しいのは、内曲している四鈷が鬼面の形になっていることである。このような五鈷を鬼面杵という。金銅製で、凛とした中に優美さが見える立派な作である。制作年代は鎌倉時代と見られる。 年月日 内容
   
   
   
   
   
   
   
   
   
説明板
有無・設置者 なし
 
材質等  
老朽度等  
【写真1】
【写真2】